齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.05.08 Thu
占星術殺人事件
モチベーションが高いうちにどんどん更新していきたいところです。
はたしてこれがいつまで保つか…

今回紹介するのはこちら。

占星術殺人事件 (講談社文庫)占星術殺人事件 (講談社文庫)
島田 荘司

講談社 1987-07
売り上げランキング : 81584
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ミステリー好きの方なら必ず知ってるような作品ですね。
てか、ミステリーが特に好きでない方でもあるいは耳にしたことがあるかもしれません。
私もミステリーを全然読んでない時に名前を聞いたことがあったような気がする可能性があります

当然そんな有名作品を未読のままでいるわけにもいかず。
十角館の殺人を読んで一気にミステリにはまった半年以上前には既にこの作品を購入していました。
なのに読み終わったのはついさっき
あ…ありのまま 今 起こった事を(ry 的なスタンド攻撃を受けていたわけではなく、ただ純粋に読むのが苦痛だったからです。

この作品はまず密室で殺された男の手記から始まるのですが、これがとにかく退屈でつまらない。30ページ強の分量しかないのにそれこそ永遠に終わらないのかと錯覚するほどです。
その後探偵とワトソン君役が、この40年以上前の未解決事件についてあれこれ講釈をたれるんですが、これもまた退屈なのです。
そして月日は流れた…

いや、舞台を京都に移す後半ぐらいからは面白くなってくるんですよ。
前半まで読むのに半年かかったのに後半は数日で読み終えましたから。
まぁ、最近長い家の殺人を読み終えてまたミステリーを読みたいって気持ちが高まっていたのもありますけども。
ただホントに前半がきつかったです、私には。
自分で事件の推理をするというタイプの方だと前半も楽しめるのかと思いますが、私はあまりそういうタイプではありませんし、何よりも事件そのものに興味が持てなかったので推理する気が…
事件の被害者と探偵たちに何の関係も無いというタイプの作品はどうも私にはあわないようです。
吹雪の山荘で次々と人が殺されていく、早く犯人を見つけないと自分が危ない!って状況の人が探偵役だとすごく燃えるんですけどね。

そんなわけであまり作品にのめりこむことが出来なかったんで、この作品のキモであるトリックが明かされたときもスゲーと思いはするものの、それは一瞬であまり後を引かず終わってしまいました。

マジで!?おまえが犯人なのかよ!?で、お前誰!?
というか。

そんなわけで私はこの作品からはそれこそ十角館の殺人のような強烈なインパクトは受けなかったわけですが、それでもトリックにはすごく鮮やかなものがあり、一読の価値はあると思います。
あと、あまり作品にのめりこめなかったと言いましたが、それでも犯人の家族に関する話には胸に来るものがありました。
そういう点からも、未読の方は是非ご一読を。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学
yanbal1915 at 23:38    島田荘司    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/8-ba837f0c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。