齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2007.02.13 Tue
アヒルと鴨のコインロッカー
三日坊主。
立派じゃな(ry
…なんて天丼も分かりにくいほど、更新を途切れさせてしまっていたわけですが。
サボってたわけでもなく、三冊紹介した時点で早くもネタが切れたわけでもなく。
ただただ純粋に、忙しかったのです。
忙しいという言葉を言う暇も無いぐらい(は、言いすぎですけども)。
忙しさは当分続くんですが、とりあえずちょっと暇が出来たんで更新。今後も暇を見つけての更新になっていくんで、しばらくは大分途切れがちの更新になっていくかと思います。

さてさてそんなわけで、いろいろ紹介したい本が溜まっちゃってるんですけども。
とりあえず、興奮冷めやらぬうちにというわけで、つい先日読み終わったばかりのこの本を。


アヒルと鴨のコインロッカーアヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎

東京創元社 2006-12-21
売り上げランキング : 111
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


書店で何か面白い本は無いかとぶらぶらしてた時に見つけ、タイトルと、「神様を閉じ込めに行かないか?」というオビに惹きつけられて購入。まぁ、伊坂幸太郎作品を何度か読んだことがあったってのも大きいですが。
前回紹介した99%の誘拐同様、吉川英治文学新人賞受賞作です。

読み終えての感想としては、やられた!これに尽きます。
なので私にとってこの作品は、別に神様を閉じ込めに行かないくても良かった
いや、分かっていますよ?分かっています。多分。
ラストでコインロッカーに神様を閉じ込めに行く、それがいかに重要かは。だからこそタイトルにもなっているのだろうし。
けれども。だけれども。
けっこう重大なネタばれになりかねないんで、それでも良いという方のみ反転してお読み下さい
私にとっては後半の、オレがあいつであいつがオレで的展開が何よりも衝撃的だった。
その衝撃を味わうだけでもこの本を読む価値がある、そう思ったわけで。

この物語、現在と二年前の出来事が交差して展開されていきます。
そして、読んでいるうちにあれ?あいつはどうなったの?と思うようになる。そこに注意が行くからこそ、前述の展開がすさまじいインパクトを持ってくるんですよね。
随所にヒントがちりばめられているのに、気付かない。
ああ~もう、言いたい!言いたいけど、言っちゃ読んでいない方の楽しみを奪っちゃうし。もどかしい!

あんまり語ろうとするとどうしてもネタばれしそうになっちゃうんでこれぐらいにしておきますが、とにかく面白いです。
いきなり本屋を襲い出したり、話が過去に飛んだり、ちょっと戸惑うところもあるかもしれませんが、読んでるうちにぐいぐい作品の中に引っ張られていきます。この夏映画化されることですし、是非騙されたと思って読んでみて下さい。
ホントに騙されますんで(作中でね)


*ランキング参加中です。クリックしていただけると中の人がすごく喜びます。*
にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 19:09    伊坂幸太郎    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

Comment
Posted by 藍色
どんでん返しには本当にビックリしました。
最後がとても切なかったです。
2009.06.11 Thu 01:55 URL [ Edit ]
Posted by yanbal1915
>藍色さん
コメントありがとうございます。
驚きだけでなく切なさもあるという、魅力に溢れたお話でしたね。
小説って面白いなぁ~と感じたのを覚えています。
2009.06.11 Thu 22:42 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/5-0822dbd4
アヒルと鴨のコインロッカー |伊坂 幸太郎
他のレビューにもあるように、途中で結末が見えてしまうひねりのない構成。「ラッシュライフ」を読んだ時にはすごい才能が現われたものだと感嘆したものだが・・・。ここまでは快作の連発だったが正直行き詰っているのでは?「このミス」等の上位は首をかしげる。
ミステリー倶楽部 2007.02.22 Thu 08:41
アヒルと鴨のコインロッカー あらすじ
椎名という大学生の現在の物語と琴美という女性の二年前の物語が交互に描かれる、カットバック形式の小説。椎名は引っ越し先のアパートの隣人(河崎と名乗る)に「本屋を襲わないか」と誘われる。 断りきれなかった椎名は本屋から広辞苑を奪う手伝いをさせられてしまう。 そ
アヒルと鴨のコインロッカー 2007.04.16 Mon 16:57
アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。 初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち...
粋な提案 2009.06.01 Mon 18:06

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。