齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.09.09 Tue
館島
ここしばらくの更新ではひたすら東川篤哉氏の"烏賊川市シリーズ"の感想ばっかり書いていました。
それも前回交換殺人には向かない夜で終わり、これでようやく毛色の違う本の感想をーと思った方、スミマセン、もうしばらくお付き合いを。
シリーズ外の単発作品、「館島」の感想をまだ書いていないですからね。
この感想をもって一旦東川氏の作品の感想に一区切りつけたいと思います。


館島 (創元推理文庫 (Mひ4-1))館島 (創元推理文庫 (Mひ4-1))
東川 篤哉

東京創元社 2008-07
売り上げランキング : 21083
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


巨大な螺旋階段の下で息絶えていた館の主。
転落死ではなく墜落死という不可思議な死因。
半年後、未亡人によって再び館に事件関係者が集められたとき、新たな惨劇が始まるー

( ゚∀゚)o彡°やかた!やかた!
( ゚∀゚)o彡°ことう!ことう!

ひゃっほーい館ものだぜーいしかも孤島ものだぜーいというわけで、私の大好物の館もの&孤島もの。
館ものということでいかにも怪しい雰囲気を纏った館が出てくるかと思いきや、そこはやはり東川氏の作品。怨念がこもってそうな雰囲気は全くありません。
まぁ登場人物いわくラブホテルっぽい外見の館なんで、怪しいっていやめっちゃ怪しいんですけどね。

で、そんな怪しいというかいかがわしい感じの館で当然のように起こる事件に巻き込まれるのはもちろん烏賊川市シリーズでおなじみの人物たちーではなく、シリーズ外の単発作品ということで全員新キャラです。
といっても、ものすごくどこかで見たことのあるようなキャラ達なんですけどね。
間抜けな刑事や勝気な女探偵、お金持ちのお嬢さんーなんか、肩書きが変わっただけのような気がしないでもないですが気のせいですよね、多分。
で、探偵役の朱美さんーもとい、小早川沙樹が事件の解決に向けて奔走する、と。

魅力的なキャラ達のおバカな言動が実は大事な伏線になっているというのが東川氏の作品の特徴かと思いますが、この作品も同様。
というか、烏賊川市シリーズよりもその特徴が顕著なように感じました。
更にはどことなく地味な感じの印象の事件が多かった烏賊川市シリーズに対して本作ではど派手なトリックが炸裂していて、シリーズのキャラ達と似たような感じのキャラが活躍していることも相まって交換殺人には向かない夜とは違うシリーズの別の進化形を見たような感じを受けます。
198X年という時代設定や館の存在にもちゃんと意味があり、派手さの中に地味ながら良い仕事が見受けられる本作は、東川篤哉氏の作品に初めて触れるにはもってこいです。
これを機会に是非とも氏のユーモアミステリの世界を覗いてみて欲しいですね。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 15:52    東川篤哉    Comment(4)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
はじめまして Posted by UN
コメントありがとうございました。
烏賊川市シリーズ(↓)について、それぞれ同じような思いを持たれたんだなぁってうれしく思いました。
だからおすすめの「館島」、実は注文済みで配送を待っているところなので、より楽しみになりました。
また面白い作家さん(本)見つけられたら教えてくださいね。


2008.09.12 Fri 09:42 URL [ Edit ]
Posted by yanbal1915
>UNさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
UNさんのブログの方で「完全犯罪に猫は何匹必要か?」にピンときたと書いてあったのを見た時は、そんなとこまで同じなのかとびっくりしたと同時にうれしかったです。
館島を読んで感想を書かれるのを楽しみにしていますね~
2008.09.13 Sat 22:58 URL [ Edit ]
Posted by 藍色
こんばんは。
初読みでしたけど、よかったみたいですね。
派手なトリックにインパクトがありました。

ずいぶん前に読んでてかなり忘れてるんですけど、
記事がうれしくて、ついTBさせていただきました。

2008.09.16 Tue 02:18 URL [ Edit ]
Posted by yanbal1915
>藍色さん
コメントとトラックバックありがとうございました。
記事がうれしいと、言っていただけるのはうれしいです^^

藍色さんはハードカバーの時に読んでらしたんですね。
私はなかなかハードカバーの本には手が出しづらくてどうも…
新刊の話題に乗れないのは残念ですが多くの感想を目にできるのはそれはそれでいいかと自分を無理やり納得させてます。
2008.09.17 Wed 20:41 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/40-ee2d8a62
館島、東川篤哉
カバーフォト:KAZUYA YOSHINAGA。 鮎川哲也編「本格推理」への投稿・入選を経て2002年、光文社新人発掘プロジェクト ...
粋な提案 2008.09.16 Tue 02:13

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。