齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.09.03 Wed
完全犯罪に猫は何匹必要か?
密室の鍵貸します密室に向かって撃て!と続いてきた東川篤哉氏の"烏賊川市シリーズ"の感想シリーズ。
今回感想を書くのはシリーズ第三作目に当たるこの作品です。


完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)
東川 篤哉

光文社 2008-02-07
売り上げランキング : 18975
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東川篤哉氏の名前を全く知らなかった時にタイトルから受ける印象だけで購入しかけた本作。
購入しなかったとはいえ興味を引かれた作品なわけですから、この作品が面白いかどうかは自分の直感が当てになるかどうかを知る一つの指標になるわけです。
そんなプレッシャーを知らず知らずのうちに感じていたのか、はたまた第二作目が面白かったためにハードルを上げてしまっていたのか。
…はっきり言いましょう、正直この作品はあんまり好きじゃないです

何故好きじゃないのかっていうと、笑いの密度が低いからーそれに尽きます。
人によっては普段が無駄に笑いを詰め込み過ぎなんだよこれぐらいがちょうど良いんだよって感じるかもしれません。
でも私はこの著者の、これでもかと畳みかける笑いの量でぐいぐい物語に引っ張り込んでくれるところに最も魅力を感じていたんですよね。
だからこそ事件そのものがあまり興味を持てないような、言うなれば地味な事件でも、一気に読み進めることができたわけです。
ところがその「笑いという推進力」が弱まってしまうと、事件が興味深いものじゃなければなかなか続きが気になって仕方無いなんてわけにはいかなくなる。
今回の事件、特にメインとなるビニールハウスでの殺人事件ーどうにも超スゲーマジ気になるぜよ的代物(語彙無さすぎるだろ)ではないんですよね。
そうなると読むのがなかなか進まない。だから、ミステリーとしてよくできているのにあんまり面白いという印象を持てないんですよね。
ん~、ホント、もうちょっと警官コンビがはじけてくれたらなぁ

というわけで、個人的にはあんまり好きではない本作品。
後々シリーズがどういう展開を見せるか次第ですが、とりあえず現状ではこの作品にはシリーズで新たに活躍しそうな登場人物もいなく、次作でちょっろと事件のことが触れられる程度なので、読まなくてもシリーズを読む上で支障はないことからも、個人的にはあんまりお勧めしません。
ただ、先にも述べた通りこれぐらいの笑いの密度がちょうど良いとかんじる人もいるでしょうし、何を面白いと感じるかも人それぞれですからね。
こんな妄言に惑わされず、自分の目で確かめてみるのがいいかと思います。
大体私、猫あんまり好きじゃないですからね。
これがもしヤンバルクイナが大量に出てくる物語だったら、多分手放しで褒めています。
そんなもんです。
にんげんだもの。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 23:58    東川篤哉    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/38-66f1017e
-
管理人の承認後に表示されます
2010.11.30 Tue 17:37

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。