齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.08.18 Mon
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
更新を完全に放り出して、お盆の間は実家でまったりとした時間を堪能していました。
更新はずいぶんと休んでしまいましたが、その間積み本を消化したり新たに買ってきた本を読んだりとそれなりの数の本を読んでいましたので、更新するネタのストックはかなり増えましたよ。
これだけストックがあればしばらくは更新を途切れさせずやっていけますもん。
ただ、できるからといってじゃあ実際にやるかっていうと、やらないんですけどね

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い(講談社文庫 に 32-1 西尾維新文庫) クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新

講談社 2008-04-15
売り上げランキング : 7971
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回紹介するこのクビキリサイクルは以前紹介した8の殺人の新装版と同時期に出た本なんですが、買ってすぐちょろっと読んだだけで以後手に取ることも無く本棚の奥底に眠っていました。
買った当初はまだこの1冊しか文庫化されていなかったわけですが、気付けばシリーズ3冊目のクビツリハイスクール―戯言遣いの弟子が文庫化されるに至っていて、時の流れの速さを感じたり感じなかったり。
ぼちぼち読まなきゃいけないなぁと、重いようでそうでもない腰を上げて今回実家に帰省している間に読んだ次第です。

そもそもこの本を買った動機が「デスノートのノベライズなんかで名前を聞く人気作家らしい人のデビュー作が文庫化されるらしいから試しにちょっと読んでみるか」程度のもので、読みたくて辛抱たまらず買ったわけじゃなかったんですよね。
だから、ラノベっぽい作品だということは分かって買ってはいたんですが、鬱屈した主人公や「天才」達の高尚なんであろう会話に付いていけず、もともと低かったモチベーションが100ページも読まないうちに消滅してしまったのです。
そんなわけで今回改めてこの作品に挑戦しようと思ったもののモチベーションは別に高いわけではないので大丈夫かなと不安だったんですが、こうして感想を書いていることから分かるとおり何とか読了することができました。
ていうか、意外に苦痛を感じることなくすんなり読めましたよ。
最初の首切りが起こるまでが退屈だったものの、いざ起こってしまってからは一気に最後まで読みきることが出来ましたし。
というのも、核となるミステリーの部分がしっかりとできているんですよね。
ことあるごとに飛び出す主人公の戯言には正直うんざりだった、というのは戯言ですけども、単なるキャラクター小説ではなくミステリーとして楽しむことができたのは嬉しい誤算でした。
とはいえ、トリック自体はさほど目新しくないような代物で、普通にこのトリックで話を書くなら本作のように500を超えるページ数は必要ないなぁと感じるんで、やっぱりこの作品はキャラクターがあってこそなんだろうな、と。
キャラクターが好きになれるかどうかで面白さがかなり左右されるんだろうな、と思います。
私の場合このキャラクターは好きかというと…まぁ、そんなのどうでもいい戯言だから良いでしょう。

そんなこんなで意外に楽しめたこの作品。
今すぐ続きが読みたいとまではいきませんが、気が向いたときにでもまた2作目を手にとってみたいところです。

ー最後に。
読み終えて初めて気付いたんですが、結構意味深なタイトルだったんですね、これ。
まぁ、これも言ってみただけの戯言なんですけども…

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 03:21    西尾維新    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
承認待ちコメント Posted by
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.09.25 Sat 07:47 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/30-f1cc6928

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。