齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.08.07 Thu
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
私の大好きなジャンルである、コン・ゲーム。
でも、面白いコン・ゲーム小説に出会うのってなかなか難しかったりします。最近読んだ贋作遊戯 もちょっとがっかりするような出来でしたし。
それでも、やっぱり好きなジャンルですから。
結構はずれが多いジャンルだとは分かっていながらも、とにかく数を読まなきゃ傑作にも出会えませんからね。コン・ゲームという単語がちらつくような作品があったら、手を出さずにはいられないのです。
それが普段は滅多に買わないハードカバーの本であっても。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumbカラスの親指 by rule of CROW’s thumb
道尾 秀介

講談社 2008-07-23
売り上げランキング : 4596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そんなわけで今回紹介するカラスの親指は、某所でコン・ゲーム小説を装った本格ミステリと紹介されているのを見て辛抱たまらず購入してしまった本です。
著者の道尾氏の名前はラットマンの高評価を耳にして知っていたものの、件のラットマンがハードカバーの本でなかなか手を出せずにいたので氏の作品を読むのはこれが最初です。
そして、最初で最後には絶対ならない
絶対他の作品も読みたい、そう強く思わせてくれる傑作です。

ー闇金業者によって全てを失い、詐欺で生計を立てるところにまで落ちてしまったさえない中年二人組。
ひょんなことから出会った一人の少女、更にはその知り合いたちと奇妙な共同生活を行うなかで、やがて失くしてしまったものを取り戻すため、自らの過去と訣別するため、ある計画を実行する決意をするー
と、あらすじだけを見ると正にコン・ゲーム小説の王道を行くようなストーリー。
登場人物も何か隠してそうな雰囲気を持った癖のある奴ばかりで、闇金業者やヤクザの様な到底暴力に頼ったら主人公たちには勝ち目がないような敵が前に立ちはだかるのもお約束通り。
これでそのワルを頭脳戦で出し抜いてめでたしめでたし~となったなら、ホントどこにでもあるようなコン・ゲーム小説となるわけですが、本作はそうはなりません。
主人公たちの一世一代の大ペテンではなく、その後が本番
これは正直全く予想していなかったので、大いに驚かされました。
なにか仕掛けがあるってことを知って読んでいたというのに。
ある登場人物のあからさまに怪しい言動にミスディレクションされるもんかと注意して読んでたら、そこに注意すること自体がミスディレクションになっているという。

作中に仕掛けられたトリックの種が明かされると、この物語はどこにでもあるようなコン・ゲーム小説から全く別のものへと変貌を遂げます。
この信じていた世界が音を立てて崩れさるような感覚は、正に良質のミステリを読んだときのよう。
ミステリは騙されるのが一つの楽しみであるわけですが、その楽しさっていうのはいわば
(騙されて)くやしい…でも(騙されるのが面白いと)感じちゃう…!ビクビクッ
という感じだと思うんですよ。いわば。
ところが今回騙されて感じたのは全く別の感覚で。
騙されて悔しいんじゃなく、嬉しいんですよね。
真相がこれで、本当に良かったと心から感じる。幸せな気分になれる。
そう、だからやっぱり、この作品はコン・ゲーム小説なのです。

良質のコンゲーム小説というのは作中のカモだけでなく読者もアッと言わせてくれるものです。
そして理想的なコンゲームとは、被害者に被害者意識を抱かせないものなのです。
つまり、被害者はー普通は騙されていることに、自分が被害者であることに気づいていないわけですがー騙されていても幸せなんですよね。
このカラスの親指、コン・ゲーム小説を装った本格ミステリという極上のコン・ゲーム小説です。

テーマ:コン・ゲーム - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 18:27    道尾秀介    Comment(2)   TrackBack(4)   Top↑

Comment
Posted by 藍色
はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
とっても上質なコン・ゲーム小説でしたね。

トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2008.08.24 Sun 01:33 URL [ Edit ]
はじめまして Posted by yanbal1915
>藍色さん
コメントとトラックバックありがとうございました。
ホント上質のコン・ゲーム小説でしたね。
ミステリーとコン・ゲーム小説が融合して全く新しいコン・ゲーム小説が生まれたといった感じで。

そちらのブログにもコメントとトラックバックさせて頂きました。
また是非遊びに来て下さい~
2008.08.24 Sun 07:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/29-f98f71ac
カラスの親指By rule of CROW’s thumb道尾秀介
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb(2008/07/23)道尾 秀介商品詳細を見る 過去にヤミ金と関わり家族を失った武沢は、似た境遇の入川と組む詐欺師です...
粋な提案 2008.08.24 Sun 01:30
カラスの親指
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb 道尾 秀介 これは飽きさせないつくりでアッという間に読ませてくれる。 カラスってのは玄人の詐欺師。 親指はお父さん指。 詐欺師のお話ですね。 オッサン2人組の詐欺師。 もともとはショボい詐欺を働こうとしたテツさ...
読書三昧 2008.09.16 Tue 10:07
カラスの親指<道尾秀介>-本:2010-18-
カラスの親指 by rule of CROW’s thumbクチコミを見る # 出版社: 講談社 (2008/7/23) # ISBN-10: 4062148056 評価:88点 今回はどんな風に騙してくれるのだろう。 道尾秀介の本を読み始めるときはいつもそんなワクワク感がある。 読み始めるとき、というより...
デコ親父はいつも減量中 2010.02.11 Thu 23:05
コンゲームを堪能
小説「カラスの親指」を読みました。 著書は 道尾 秀介 詐欺師が主人公のコンゲーム そして 家族の物語でもあったりして やはりというか 今回もどんでん返しが いやー、さすがに驚いた ヤラレました 詐欺師ということで・・・ 伏線の巧さもありますし そして 今回は?...
笑う学生の生活 2010.04.19 Mon 22:51

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。