齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.07.30 Wed
さよなら妖精
ようじょようじょと声高に叫んだ後にこの本を紹介することになるのは何の因果か。
ようじょようじょと声高に叫ぶような奴が紹介していいような本じゃない、そんなある種の気高ささえ感じさせる本です。

さよなら妖精 (創元推理文庫)さよなら妖精 (創元推理文庫)
米澤 穂信

東京創元社 2006-06-10
売り上げランキング : 50553
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前紹介したインシテミルを読んで以来、著者の米澤穂信氏は私にとってどうにも気になる存在になっていたのです。
ただ、なぜ気になるのか、いまいちはっきりとした理由が分からない。
そんな惹きつけられる「何か」を探して著者の最高傑作との呼び声の高いこの作品を手にしたのですが…

うん、断言しよう、傑作だわ

最高傑作かどうかはまだまだ読んでいない作品がたくさん残っているんで分からないですが、傑作なことは間違いないですよ。
そして、なぜ米澤穂信氏の作品に惹きつけられるかも分かった気がします。
インシテミルの、私の心を強烈に引き付ける設定を目にして、「この人は何かをやってくれる」という期待感を抱いていたんですね。
そして、このさよなら妖精で、期待が確信に変わった。
もうね、他の全ての作品を読まずにはいられないですもん。
ホントすごいもんを書くなぁ。

さてさてやれ傑作だのすごいだのと喚いていますが、この作品の面白さについて、具体的に語っていきたいと思います。
この作品は、ジャンルとしては一応ミステリに入るのでしょうか。
創元推理文庫だし、帯にも「不朽のボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ」と銘打たれていますしね。
ただ、ミステリといっても人殺しなどを扱った血生臭いものではありません。
文庫の解説を引用するならば、日々の暮らしに転がる小さな謎にスポットをあて、そこに意外な真相を読み取る「日常の謎」派に属する作品です。
ユーゴスラヴィアからやってきた好奇心旺盛な少女、マーヤ。
彼女がことあるごとに主人公達に「なぜなにどうして?」と問いかけることによって、日常の謎の問いかけとそれに対する推理がごく自然に行われるようになっています。

そんな小さな謎でジャブのように攻めてきて、中盤、主人公たちが直面している最大の謎が明らかにされる。
その謎を解き明かすこと、それこそが読者にとっても最も重要で、最も興味のあること。
それは分かっているのに、解きたくないんですよ。
しょうもなさすぎてそんなの解くにも値しないとかいう意味じゃ断じてないです。
自分では解きたくないし、主人公たちによって解かれたくもないー真実を、認めたくないから

ユーゴスラヴィアがどうなったか、多少なりとも世界史を勉強したことがある人なら、あるいはニュースを聞いたことがある人なら知っていますよね。
その知識と、この本の目次と、タイトル
これだけの情報があれば、物語がどういう結末を迎えるか想像できてしまうわけですよ。
想像できるからこそ、謎を解きたくないし、先を読みたくない。
でも、想像できるからこそ、解かずにはいられないし、読まずにはいられない。
…米澤穂信、恐ろしい子!

登場人物が全員魅力的で、高校生の全能感と無力感がひしひしと伝わってくるこの作品は、ミステリとしても青春小説としても、間違いなく一級品です。
ミステリって、結構簡単に人が死んでしまいますよね。
安易に感動を狙おうとしてる作品って、結構簡単に人が死んでしまいますよね。
でもね、人の命って、やっぱりすごく重いんです。

マーヤは言います。「哲学的意味はありますか?」と。
私は言います。少なくとも、この作品にはあるーと。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 14:24    米澤穂信    Comment(4)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
初めまして Posted by nekolin
ミステリ系のブログを探していて、ここにたどり着きました。
米澤さんの本は、「インシテミル」と「春季限定いちごタルト事件」を読みました。
「さよなら妖精」読んでみたくなりました^^
ところで「米澤穂信、恐ろしい子!」は、主人公の名前マーヤから連想した、「ガラスの仮面」の、月影先生の台詞のパロディでしょうか…^^;

2008.08.22 Fri 21:32 URL [ Edit ]
Posted by yanbal1915
>nekolinさん
初めまして、コメントありがとうございます。
さよなら妖精は春季限定いちごタルト事件と同様に日常の謎を扱ったミステリなんですが、全然違った趣があって面白いですよ。是非一度読んでみて下さいな。
そして「米澤穂信、恐ろしい子!」についてですが…これはおっしゃる通りです。
ガラスの仮面のこの台詞は有名でかつすごく使いやすいんで、ついついネタが思いつかないときに使ってしまいがちです。
ちなみに「これは実はこういうネタなんだぜ!」と自分で解説するのはすごく気恥ずかしいものがありますんで、今後は何かパロディっぽいものを見かけてもそっとしておいて頂けるとありがたいですw
2008.08.24 Sun 07:19 URL [ Edit ]
Posted by 藍色
ごぶさたでした。
最後に明かされる真実、切なかったです。
ほろ苦い後味が残りました。

アヒルと鴨のコインロッカー とこちらに
トラックバックさせていただきました。


2009.06.01 Mon 18:11 URL [ Edit ]
Posted by yanbal1915
>藍色さん
コメント&トラックバックありがとうございます。
返信が遅くなってしまって申し訳ないです;

米澤さんの作品の中でも特にさよなら妖精はほろ苦い後味が際立っていますよね。
アヒルと鴨のコインロッカー もそうですけど、謎が明らかになった時にほろ苦さを感じる作品は個人的に大好きです。
2009.06.10 Wed 22:08 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/26-b8bd5669
さよなら妖精 米澤穂信
ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。カバー写真はKAZUYA YOSHINAGA。 東京創元社・ミステリ・フロンティア。 一九九一年四月。ユーゴスラビアか...
粋な提案 2009.06.01 Mon 18:09

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。