齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.07.13 Sun
クリムゾンの迷宮
読み終えたのに感想を書いていない本がどんどん溜まってきている現状、これはまずいってことで、どんどん消化していくべく頑張っていきたい、今日この頃です。
もうね、気持ち的には一日二冊は感想書いていきたいですもん。
気持ちだけですけども。

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
貴志 祐介

角川書店 1999-04
売り上げランキング : 4108
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



当ブログでは主にミステリーを中心に本の感想(のふりをした何か)を書いていますが、今回感想を書く、クリムゾンの迷宮、これはミステリーではないですからね。
そこははっきりとさせておきたい。
角川ホラー文庫から刊行されていることから分かるように、ミステリーではなくホラーです。
何でこんなことを強調するのかっていうのは詳しく説明しちゃうとネタばれになっちゃうんで言えませんが、もし読み終わって結末に納得できないと思うことがあったなら、それはこれがホラーなんだってことを忘れているからなんじゃないかなと思うんですよね。
私はこれをホラーだと思って読んだので、結末に納得いかないと思うことは無かったし、このラスト以外なかっただろうなと思ったんですけども。

さて。
結末の話ばかりじゃなく中身に触れていきます。詳しくは読んでからのお楽しみということで、簡単に。
 主人公が目を覚ましたのは、一面鮮やかな深紅色に染まった異様な世界。
 傍らに置かれた携帯型ゲーム機が映し出す、「火星の迷宮へようこそ。」というメッセージ。
 そして始まる、凄惨なゼロサム・ゲーム…
オラ、ワクワクしてきたぞ!

わけも分からないまま強制的にゲームに参加させられることになった主人公が、生き残るために必死にあがいていく物語。
そんなサバイバルあり、ロマンスありの展開が嫌いな男の子なんていません、よね?
少なくとも私はわくわくしっぱなしでしたよ。
特に序盤の主人公たちが食料を確保すべく罠を仕掛けたりして奮闘する場面なんかは、昔読んだ十五少年漂流記を読んでるみたいで童心に返りましたし。
ただ、とはいえ少年少女達がこれを読むのはその後の展開からして絶対お勧めできないですけども。

そういった冒険心をくすぐる部分や細かな伏線が、ページをめくる手を止めないようにこれでもかと押し寄せてくるんですよね。
複線の引っ張り方も絶妙で、伏線を張った次のページで回収されてたなんてことはなく、かといって「ああそんな伏線もあったね」と懐かしく感じるほど放置するなんてこともなく、これしかないというタイミングで回収してくるもんだから、読むのを止めるタイミングを完全に見失ってしまう。
そうやって読者を作品から逃げられないようにするから「一番怖いのは人間」というホラー要素が際立つんですよね。
もうね、たまんない。面白すぎる

別にね、要素を一つ一つ取り出して見たらそんな凄いものでもないんですよ。
展開だって、予想を裏切るようなアクロバティックなものではないですし。
ベタな展開だからこそ、何も考えずどっぷりと作品にのめり込むことができる、そしてどっぷりと作品にのめり込むこと、それ自体が限りなく面白い。
くやしい…でも(面白いと)感じちゃう…!ビクビクッ
ーみたいな。
あ、ごめんなさい。これは違うクリムゾンでしたね。

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 23:16    貴志祐介    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
承認待ちコメント Posted by
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.03.17 Sat 21:48 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/22-06b171c6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。