齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.07.07 Mon
紳士同盟
私の好きな小説のジャンルに「コン・ゲーム」があります。
コン・ゲームとはConfidence Game(信用詐欺)の略で、哀れな犠牲者(カモ)の信用をあの手この手で勝ち取って、まんまと大金を巻き上げるといったタイプの詐欺手段を言います。
以前このブログに書いたように、私は乙一さんのZOOを読んで「本って面白!」と思うようになったわけですが、そんな折に楡 周平さんのフェイク と出会っていなかったら、今ほどに日常的に本を読むようにはなっていなかったと思うのです。
すごく伝えにくい感覚なんですけど、ただ単に面白いってだけじゃなくてこんな種類の面白さがあるのか!っていう感覚、これを短期間で得られたからこそ本にはまることが出来たんだと。
そんなわけでZOOとフェイクという二冊の本は(ZOOは1、2に分かれてたんで実質三冊ですけども)、他の人がどう評価しようが、今後どれだけ面白い本に出会おうが、私にとって特別な存在であり続けるのです。
そして、フェイクによって知ったコン・ゲーム小説というジャンルも。

ーそんなにコン・ゲーム小説ってぇのが好きだって言う割にはぁ、兄ちゃん、お前さんのブログとやらにはこれまで全然そんな単語出てきちゃいねぇみてぇだが?
そう言いたくなる方もそんな口調かどうかは別にしていらっしゃるでしょう。
それもそのはず、コン・ゲーム小説についての熱い思いをぶちまけようぶちまけようと思っているうちに、気づけば一年以上更新を停止しちゃってたんですから。
 催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
 もっと恐ろしいサボリの片鱗を味あわせたぜ…
みたいな。

更新を再開してからは読んだ本の感想を早めに書くというポリシーでやってるんで昔読んだ本について語ることはなかなかできず、かといって新しいコン・ゲーム小説を読もうにもなかなかこの手の作品はミステリーなんかと比べて数が少なく(とはいえコン・ゲームはミステリの中の一ジャンルなんですが)巡り合えず…そんなこんなで今日までズルズル来てしまっていたのです。
それが、先日、書店である本に偶然出会ったことで、ついに、今日!
コン・ゲームについて語る場を得たわけですよ!
嗚呼…ホント…長かった…ここまで来るのは…

さぼってたせいだけど。


さてさて。
そんなこんなで前置きがほんのちょっと長くなってしまいましたが、今回紹介する本はこちら。

紳士同盟 (扶桑社文庫 (こ13-1))紳士同盟 (扶桑社文庫 (こ13-1))
小林 信彦

扶桑社 2008-06-28
売り上げランキング : 39635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フェイクを読んだ後、コンゲーム・小説としてその解説で挙げられていた作品ー百万ドルをとり返せ! や、我輩はカモである 奪取等々ーを片っ端から読んだんですが、この紳士同盟については日本人作家の手によるコンゲーム・小説の草分け的存在でありながら一番新しい文庫版でも初版の発行日が1983年と古くて手に入れることができなかったんですよね。
いやまぁあらゆる手を尽くして捜しまわれば絶対手に入れられたとは思うんですが、読んだコンゲーム・小説がすごく面白いものから何がおもしろいのか理解の限界を超えた作品まで正に玉石混合といった感じで、頑張って探したのにアレな出来だったらこのジャンルそのものを嫌いになってしまいかねず、それが怖くてなかなか積極的な手に打って出られなかったのです。

だから、この作品を読むことは出来ないなと半ば諦め気味だったんです。
だから、先日偶然立ち寄った本屋で紳士同盟が新装版として再出版されているのを見つけた時には小躍りしたものです。
だから、この作品について、これから熱く語るぜェーゲハハハァーーーというわけでェ、この作品を読み終えての感想としてはァ

普通でした。

テーマ:コン・ゲーム - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 23:43    小林信彦    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yanbal1915.blog88.fc2.com/tb.php/20-fd4f7504

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。