齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
「米澤穂信 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.11.25 Tue
儚い羊たちの祝宴
もうね、びっくりするぐらい更新できてないですね。
11月の頭に今月の更新目標を示したものの、全然実現できていないですし。
まぁこうして更新できていなかったのには理由があるんですが、それについては後々触れることにして、とっとと本の感想に移っていくとします。
今回感想を書くのはこちら。


儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
米澤 穂信

新潮社 2008-11
売り上げランキング : 200
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


11/21に出た米澤氏の新刊です。
私は基本的にハードカバーの本にはめったに手を出さないのですが、好きな作家の新刊となれば別です。
文庫になるのなんて待っていられないですし、そう頻繁に新刊が出るわけじゃないからあまり財布も傷まないですからね。
そんなわけで久しぶりにありついた米澤氏の新刊だったわけですが(もっとも米澤氏の作品にはまったのがここ最近のことなんで言うほど待ってはいないんですけど)、期待に違わず面白かったです
いや、こう書いたら語弊があるかな。
収録作のうち何本かは読んだことがあってそれに基づく期待値だったので期待には違わない、でも不満がないかというとそうでもない
ーそんな感じ。

収録作は順番に、奇怪な連続殺人事件の真相に驚愕させられる「身内に不幸がありまして」、屋敷に幽閉された男と妾の子としてその屋敷にやってきた女との心の交流を描…ゲフンゲフンな「北の館の罪人」、雪深い別荘の管理人の異様さが徐々に浮き彫りになっていく「山荘秘聞」、孤独な女と使用人との心の交流を描…描いた「玉野五十鈴の誉れ」、全編に共通して出てきたバベルの会なる集まりの内幕に踏み込み一つの物語として締めた「儚い羊たちの晩餐」の全五編です。
このうち書き下ろしは最後の「儚い羊たちの晩餐」のみで、それ以外は小説新潮などに掲載されていたもの。
私自身はそのうち「本格ミステリ08 二〇〇八年本格短編ベスト・セレクション」に収録されていた「身内に不幸がありまして」と「Story Seller」に収録されていた「玉野五十鈴の誉れ」の二編については読んだことがありました。
その二編を読んで感じていた癖になるじめじめ感というか、旧家の持つ魔力に当てられてちょっぴりおかしくなってしまった人々の織りなす暗黒な物語が個人的に大いに気に入っていたので、他の収録作にもそんな暗黒さを期待していて本作を読んだんですよね。
そしてその点に関しては期待通りだったんです。
ボトルネックとはまた違ったダウナーな雰囲気が堪能できて個人的には大満足です。
ただ…ただですよ。
帯や米澤氏のホームページで殊更「本作は最後の一撃(フィニッシングストローク)に拘った」と強調されちゃうと、どうしても求める水準が高くなってしまうんですよ。
具体的な作品名を挙げちゃうと下手したらネタばれになってしまうかもしれないんで控えますが(これまで書いてきた感想では普通に作品名を挙げちゃってたりするような気がするけど気にしない)、最後の最後で信じていた世界がいとも脆く崩れ去ってしまうような、自分が予想もしていなかった真相が最後の最後に明らかにされるような、そんな感覚を与えてくれるような作品がミステリの中でも特に好きなだけに、本作にもそんな「喪失感」を味あわせてくれることを求めてしまうんですよね。
で、じゃあ実際どうなんだ、喪失感を味あわせてくれるのかっていったらーどうにも釈然としないんですよね。
確かに最後の最後でドキッとさせられることはあるんです。
でもそれは予想の範疇と言ったらアレですけど、フィニッシングストロークによって世界の見え方が百八十度変わるんではないんですよね。
ラスト数ページで既に明らかになっている真相を綺麗に締めるための、言わば「決め台詞としてのフィニッシングストローク」なんですよ。
それがどうにも求めていたものとは違うんで、もやもやした気持ちになっちゃうんですよね。
まぁそれは本作を手に取る前に収録作を二編読んで予想できたことで、フィニッシングストロークにはあまり期待はしていなくかったから期待には違わないんです、でも、やっぱり不満なんだよなぁ。
殊更にフィニッシングストロークがどうだと煽ってなければこんな不満を抱くこともなかったんですけどね。
フィニッシングストロークのことは伏せておいて、ダウナーな雰囲気を楽しんでいる読者に催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえもっとダウナーなものの片鱗を味わせる、そんな奇妙なアクセント程度の位置付けぐらいがちょうど良いんじゃないかと。

ま、なんだかんだで多少不満は感じるものの十分楽しんで読めたのは確かです。
一番楽しめたのが既に読んだことのあった「身内に不幸がありまして」だったっていうのはちょっと残念な気もしますけども。
まぁそれは「身内に不幸がありまして」の出来が良すぎるからなんですけどね。
フィニッシングストロークによって明らかにされるホワイダニットが堪りません。

ともかくダウナーな雰囲気を味わいたい、ボトルネックで知ってしまった得体のしれない面白さを求めて日々さまよっているーそんな儚い羊たちのために用意されたこの祝宴、参加しない手はありませんよ。



ーなんて感想を、あの子が元気だったら書くんでしょうね。
管理人の母
→続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 23:55    米澤穂信    Comment(4)   TrackBack(4)   Top↑

2008.09.29 Mon
遠まわりする雛
当ブログでは九月の半ばあたりからひたすら米澤作品の感想を書いてきたわけですが、それも今回で終わりです。
これで既刊全作品制覇ですからね。
まぁ、まだ短編や特集など書くべきネタはあるんですけどもーもう、ゴールしてもいよね?


遠まわりする雛遠まわりする雛
米澤 穂信

角川書店 2007-10
売り上げランキング : 35918
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古典部シリーズの第四作目。
これまでのシリーズの表紙がどれも学校の中の風景だったのに対して、今回は学校の外の風景です。
そこから想像がつくように、今回の舞台は学外。
主人公の奉太郎が高校に入学し約一ヵ月が経過した四月末から、 新年度を目前に控えた翌年の春休みまでー古典部の高一時代を描いた短編集です。
表題作の遠まわりする雛以外の短編は野生時代などに掲載されていたものですが、雑誌掲載時とは違って時系列に並べられたことで主人公の心情が時間とともに徐々に変わっていくことが見て取れるようになっています。
各短編はどれもミステリとしては小粒な印象ですが、キャラの内面が非常に良く描かれているため全体としては非常に満足できる出来です。
「正体見たり」や「手作りチョコレート事件」では結末の苦さも味わうことが出来ますしね。
特に「手作りチョコレート事件」はこれまで謎だった里志が伊原の求愛を拒む理由が明らかにされるという、ファンには嬉しい一編です。
しかし何といってもファンにとって一番嬉しいのは、書き下ろしの「遠まわりする雛」でしょう。
これを読むためだけにこの本を買うだけの価値はあるし、また、これを読まずに次回作を読むことはできない。
それだけ古典部シリーズにおいて重要な意味を持つ短編です。

しかし意図的にこういう要素を排してきたと思っていただけに、今回こんな踏み込んだ記述をしたことでシリーズの今後の展開が気になると同時に心配になります。
というかもう、古典部シリーズに関しては苦い結末を迎えたら耐えられないかもしれない。
作品として凡作になることになっても、主人公たちには幸せになって欲しいですもん。
愚者のエンドロールを読んだ時にウザいとしか感じなかった主人公にここまで肩入れすることになるとは、自分でも意外ですけども。

そんなわけで、今後古典部シリーズが起承転結の「転」へと移行していくことを強く感じさせるこの作品。
果たして次回作ではどのような物語が展開されるのかー
わたし、気になります!

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 15:03    米澤穂信    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.09.29 Mon
クドリャフカの順番
えー、突然ですが皆さん、デスノートという漫画をご存知でしょうか?名前を書くだけで人を殺せ
るノートを駆使して新世界の神になろうとした少年の物語です。
死神のリュークなど個性的なキャラクターの多い作品ですが、中でも強烈なのは「L」でしょう。
強い個性を持つ「」。彼と同じ名前を持つキャラが古典部シリーズにも登場し
ています。そう、「わたし、気になります」が口癖の「千反田える」です。
一緒の名前のキャラがいるんだからそれを利用して面白い感想が書けるんじゃないかと頑張
ることしばし。到達した結論を言いましょう。
書けるかぁ、ボケー!

いやいや、頑張ったんですよ、これでも。
それなりにデスノートを知っている方には上の段落を見たら私の苦労を察してもらえるんじゃないかと思います。
ホントはね、これで感想を書ききるつもりだったんです。
でも適当な文章ならともかくこんな制約の下まともな感想なんて書けたもんじゃない。私の書く感想がまともかどうかは置いといて。
ものすごーく頑張ったら書けないこともないのかもしれないですが、どう考えても頑張りどころが違うだろってことになってきちゃいますからね。
ここはきっぱりとあきらめて普通に感想を書いていくことにします。
今回感想を書くのは、りんごしかたべない死神の話(びっくりするぐらい嘘)。


クドリャフカの順番 (角川文庫 よ 23-3)クドリャフカの順番 (角川文庫 よ 23-3)
米澤 穂信

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 11182
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古典部シリーズの第三作目。
これまでのシリーズ作において触れられてきた文化祭が舞台です。
手違いで作りすぎてしまった文集の完売を目指し、主人公は学内で発生した奇妙な連続盗難事件を解決しようと奮闘するーといった内容の話。
奮闘するといっても主人公は省エネ指向ですから、基本的には文集の販売員としてひたすら座っているだけです。
ですから主人公の視点だけで語ったんじゃ事件の全容が分からないし、そもそも文化祭の楽しさが全く伝わってこないことになってしまうので、多人数の視点を用いるのは半ば必然で。
主人公の他にえる、里志、伊原という古典部メンバーの視点が加わって、読者は色んな角度から文化祭を楽しめるようになっています。
全然動かない主人公の変わりに彼ら三人が物語を動かしていくことになるのですが、主人公は探偵として活躍しだすまで蚊帳の外に置かれるかというとそんなことはなく、座りながらも勝手に展開されていくわらしべプロトコルによって要所要所に絡んできます。
そしてほとんど座っていただけなのに、最終的には事件を解決してしまう。
今まで以上に(無自覚ながら)調子に乗った態度をとってしまったわけだから、謎を解いてしまったが故の苦さとして手痛いしっぺ返しを食らうんだろうーそう予想していると肩透かしを食らうかもしれません。
そう、この作品はシリーズでも異質なんですよね。
主人公以外が語り手になるのも異質なら、読後感も異質。
苦さがないんですよ、苦さが。

主人公ではなく里志と伊原の視点で語られる物語には苦さがあるんですよね。
でもそれはこれまでのような謎を解いてしまったが故に味わう苦さとは別物だし、最終的に主人公の視点でまとめられる物語はなんとも爽やかなものです。
だから読後感は苦くなく、実に爽やか。
そこに物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、私はこういうの嫌いじゃありません。
バッドエンドも味がありますが、ハッピーエンドにもまた違った味がありますからね。
それに今後どう古典部シリーズが展開していくのかは分かりませんが、仮に苦い結末を匂わせるような展開になった場合にはこういう爽やかな話があったことで苦味がより引き立ちますし。

とにかく、文化祭が何かしら絡んできたこれまでのシリーズの総決算として申し分のない出来で、非常に楽しんで読むことができました。
最初は苦手意識を持っていたこの古典部シリーズも、今ではシリーズ物の中で一番好きになっていますからね。
いやーホント面白かったなー

え?オチですか?
別にいいじゃない、オチぐらい。
→続きを読む

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 05:40    米澤穂信    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.09.28 Sun
愚者のエンドロール
ガンガン感想を書いていきましょう。
ガンガンって程のペースじゃないけど感想を書いていきましょう。
今回感想を書くのはこちら。


愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)
米澤 穂信

角川書店 2002-07
売り上げランキング : 7741
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古典部シリーズの第二作目。
昔読んで苦手意識を持っていたせいで氷菓を読んだ後もすぐには再読する気になれなくて、第三作目のクドリャフカの順番を読んでやっぱりこのシリーズは面白いなと安心してから読み直したんですが…もうね、何で苦手意識を持っていたんだろう。
超面白いのに。

とはいえ昔苦手意識を持っていた理由は分かるんですよ。
「二作目から読んでしまった」、それに尽きると。
二作目から読んでしまったせいで前作のことに触れる部分が出てきても疎外感を感じてしまうし、冒頭と終盤のチャットで出てくる「あ・た・し♪」が誰だか分からずもやもやとしてしまう。
そういうのが相俟ってどうにもキャラクターに感情移入できなかったんですよね。
そしてキャラクターに感情移入できなかったがために最後「真相」が明らかになっても「だから何?」としか感じず面白いと思えなかったんだと。
ーもっと詳しく言ってみましょう。
クラスで文化祭に向けてミステリ映画を作ってたんだけど脚本担当の生徒の病が原因で結末が不明のままになっているんでなんとかしてくれという依頼を受けて主人公たちが映画の結末を推理していくーという内容の本作。
バークリーの毒入りチョコレート事件を意識したという多重解決ミステリとしては映画の結末として提案される案の一つ一つがどうにも小粒な印象なので、最終的に主人公がこれだという映画の結末を導き出してもあまりカタルシスを得れません。
そして、キャラクターに感情移入できないとそのままもやもやした気分で読み終えることになってしまう。
でもね、ホントはそうじゃないんです。
キャラクターに感情移入できる状態で再読してみて分かりました。
主人公が映画の結末を導き出てからが本番なんだってことが。
そして、最後「真相」が明らかになることで、多重解決ミステリとしても青春小説としても素晴らしい出来になるってことが。

そんなわけで再読すると非常に楽しめた本作。
こんな感じで、読む順番や読んだ時期によって同じ本を読んでも感じる感想って違ってくるんでしょうね。
そう考えるとこのブログで書いている感想も後で読み返したら「的外れなこと言ってたな~」と思うことになるかもしれないですね。
でも、たとえ後で的外れと感じることがあるとしても、臆せず感想を書いていきたいと思います。
そう、だって僕らは、今を。今を生きているんだから…

あ、今のは30年後に読み返したら面白いオチです。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 21:24    米澤穂信    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.09.27 Sat
氷菓
ちょっと気を抜くとすぐ更新が滞ってしまうから困ったものです。
こんなペースじゃ九月中に米澤氏の既刊全ての感想を書き終えるのは到底無理そうです。
ここらでビシッと気合を入れないと。
もうね、逃げ場のないよう宣言しておきましょう。
残りの作品の感想を今日中ーというのはさすがに厳しいんで今日明日中ーというのもちょっとしんどいんで九月中ーいやいやもうちょっと余裕を見て十月中にーここまで来たらいっそ二十一世紀中にー絶対書き終わらせます!
うわー逃げ場無くなっちゃったー


氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
米澤 穂信

角川書店 2001-10
売り上げランキング : 35881
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古典部シリーズの第一作目。
米澤氏の代表作でありながらこのシリーズは読むのを最後まで先送りにしていました。
というのも一番のお楽しみは最後に取っておく主義だからではなく、単純に苦手意識があったからです。
インシテミルの感想を書いたときに触れたんですが、この古典部シリーズの第二作目にあたる愚者のエンドロールは昔読んだときにあまり楽しめなかったんですよね。
そんな記憶があって、しかも古典部シリーズ以外の作品を読んでことごとく気に入っていたもんだから余計に手を出しづらくて。
幻想が消えるのって怖いじゃないですか。
折角古典部シリーズを意図的に排することで「米澤作品にハズレなし」という幻想を作り上げたのに、これを読んじゃうとそんな幻想木っ端微塵に消えてしまうかもしれない。
とはいえ米澤作品を全部読むと心に決めた以上避けては通れないわけで。
もしつまらなかったなら所詮幻想は幻想、真実ではなかったんだと納得しよう、そんなある種の覚悟を持ってこの作品に臨んだわけですがー

大丈夫、ちゃんと面白かった

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」というモットーを持つ主人公が愚者のエンドロールではどうにも好きになれなかったんですが、この氷菓でもそこは同じで、最初は全然好きになれなかったです。
やらなくてもいいことならやらないと言いつつも、どう考えてもやらなくていいことを何かしらの理由をつけてやる。
やれ義理を立てない理由もないだの、他人がしなければいけないことを手伝うのは少しもおかしくないだの。
だったらもったいぶらずに最初からやれよと、その主義主張の一貫しなさにいらいらさせられっぱなしだったんですがー最後まで読み終えたときには何故か「こやつめハハハ!」と思えるようになっていたんですよね。
何故そう思えるようになったのかはいまいち自分でもはっきりとした理由が分かんないんですが、ミステリとして面白かったというのが大きいんじゃないかと。
昔(あくまでも昔)愚者のエンドロールを読んだときはミステリ的にもあまり面白いと思えなかったので主人公のウザさが鼻につくだけで終わってしまったのに対し、この氷菓ではミステリとしての面白さが主人公のウザさというマイナス要素を補って余りあるものだったために、逆に主人公が好きになっちゃったという。
まぁ好きになったというのは言い過ぎで、嫌いではなくなったって感じでしょうか。
こんな面白いミステリを提供してくれるなら主人公が多少ウザくても気にならないぜって感じ。

さてさて主人公のウザさが気にならなくなったってことしか言ってないんでいいかげん内容にも…と思ったんですが、良いですよね、もう。
そこは読んでのお楽しみということで。
とにかく氷菓から順に読んでたら昔の自分もこのシリーズに変な苦手意識を持たなかっただろうなってことを強く感じるんで、古典部シリーズは順番に読むことを強くお勧めします。
昔の私がそうだったんで言いますが、「氷菓」と「愚者のエンドロール」っていうタイトルだけ見たら愚者のエンドロールの方が俄然面白そうですよね。
だからって愚者のエンドロールから読んじゃうとその愚者のエンドロールも満足に楽しめないし、下手したら私みたいに古典部シリーズに苦手意識を持つことになりかねないんで注意してください。
あ、あともう一つ注意を。
この感想にオチなんてないです

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 04:19    米澤穂信    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。