齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
「アンソロジー 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2009.04.25 Sat
Story Seller Vol.2
さてさて、ちよっとばかし間が空いてしまいましたが、更新再開後一発目の読書感想を書いていきたいと思います。
更新再開後初の感想だからうんぬんと、下手に気負ってしまうとと全然書けなくなってしまうんでね。
純粋に最近読み終えたばかりの本(というか、雑誌)を取り上げることにしてみました。
というわけで、今回感想を書くのはこの本(というかぁ、雑誌ぃ)。


Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌]Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌]

新潮社 2009-04-10
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



以前感想を書いた総勢七人の人気作家による豪華なアンソロジー、Story Sellerの続編です。
「続編」というか、収録作は前作とつながりのないものがほとんどだし、「第二弾」という方が適切かも。
何にせよ、第二弾第三弾と続いていって欲しいと思いながらも恐らく無理だろうなぁと思っていたStory Seller(以後、便宜上第一弾のことをVol.1と呼ぶことにします)にVol.2が出たのは喜ばしい限りです。
この調子で1年ごとのお祭りとしてこの企画を継続していってもらいたいところです。

で、肝心の内容について。
ほとんどVol.1と同じ執筆陣が揃う中、道尾秀介氏の代わりに沢木耕太郎氏が参加しているというのが大きな変更点と言えます。
ひょっとしたら、道尾氏目当てにVol.1を買ったというような人にとってはVol.2は魅力に欠けるかもしれません。
私自身、道尾氏の短編はVol.1の中でもかなり気に入っている部類に入っていたので、全体として満足度が落ちているんじゃないかとVol.2を読み始めるまでは不安でしたもん。
でも、読み終えた今ならはっきりと言えますよ。
Vol.1が気に入ったならVol.2を読んで損はしない、と。

「Story Seller」の魅力って、読み切り一つ一つの面白さはもちろんのこと、全体としてのまとまりが素晴らしいってことだと思うんです。
例えばこのVol.2は沢木氏のノンフィクションで幕を開けるんですが、これがVol.2を読み進めていく上での潤滑油として素晴らしい役割をはたしているんですよ。
単体ではスゲー面白いとまではいかなくても、Vol.2を楽しむためには無くてはならないという。
ひょっとしたらこのVol.2で気に入った作品を後々その作家の単行本に収録された時に読んでもそれほど心動かされないかもしれない、それぐらい全体として調和がとれたラインナップになっています。

そんなラインナップの中でも、私が特に心を動かされたのは有川浩氏の「ヒトモドキ 」。
Vol.1の「ストーリー・セラー」もすごかったし、私の中でStory Sellerと言えば有川氏という評価が確立しつつありますよ。
全体として調和がとれてるから参加している作家に依らない面白さがStory Sellerにはあるんだよ!と、さっきまで力説しといてあれですけども。
だって、ホント面白いんだもん。
このヒトモドキも、ストーリー・セラーとはまた違った魅力があって。
読んでいる間は強烈なキャラクターの行動にただただ圧倒されて、読み終えてからはまるであまりのスピード感に置いていかれていた感情がようやく追いついてきたかのようにじわじわと悲しみが込み上げてくる。
この感じが、何とも心地良くて。
…いや、間違っても心地良くはないですね。
心地良くはないけどーなんか、スゲぇ

他の収録作も、ようじょようじょと声高に叫ぶような変態という名の紳士がまっとうな紳士に更生するためにも読んでほしい本多孝好氏の「日曜日のヤドカリ」や、米澤穂信氏の今後刊行予定の長編ミステリ「リカーシブル」の冒頭部分を短編に仕立てた「リカーシブルーリブート」など、どれも粒ぞろいです。
このクオリティを保った第三弾をまた来年読めることを心待ちにして、ぼちぼちこの辺で感想を締め括ろうかと。
ーえ?オチですか?
それは第三弾が出た時のお楽しみってことで


収録作品
沢木耕太郎「マリーとメアリー ポーカー・フェース」・伊坂幸太郎「合コンの話」・
近藤史恵「レミング」・有川浩「ヒトモドキ」・米澤穂信「リカーシブルーリブート」・
佐藤友哉「444のイッペン 」・本多孝好「日曜日のヤドカリ」
スポンサーサイト

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 18:22    アンソロジー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.10.14 Tue
Story Seller
前々回前回と図らずも伊坂幸太郎氏の短編が収録されているアンソロジーの感想が続いていたので、今回もその流れに沿って。
といっても今回感想を書く本(というか雑誌)を買ったのは伊坂氏の短編ではなく米澤穂信氏の短編が目当てで、そもそも短編というよりは中編なんですけどね。


Story Seller (ストーリーセラー) 2008年 05月号 [雑誌]Story Seller (ストーリーセラー) 2008年 05月号 [雑誌]

新潮社 2008-04-10
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伊坂幸太郎や米澤穂信、本多孝好といった総勢七人の作家によるアンソロジー。
アンソロジーと言っても先ほど述べたように短編ではなく、「読み応えは長編並、読みやすさは短編並」という中編を集めたものです。
更に先ほど述べたように米澤穂信氏の短編(もとい中編)を目当てに買ったものの、収録作品をコツコツ読んでいる間に米澤氏のホームページでこのStory Sellerに収録されている「玉野五十鈴の誉れ」を含むバベルの会シリーズの短編集がこの11月に出るというのを目にして少なからずショックを受けたといういわくつき(?)の代物。
でも、じゃあ買ったことを後悔しているかと言うと全くそんなことはないんですよね。
ホント面白いお話を売ってくれてありがとうって感じです。

読みたかった米澤氏の中編は祖母が絶対的な権力を握る旧家の話で何とも言えない余韻が残り、伊坂氏の中編はラッシュライフのような多視点で展開される話で別の視点から見ると印象が変わって見えるんだというズレが面白い。
道尾氏の作品はカラスの親指のように騙されて嬉しいと感じる幸せな読後感。
これを読んだ時点では未体験だった他の作家の中編も、どれも違った味があって面白かったです。
近藤史恵氏の「プロトンの中の孤独」は今年の本屋大賞の二位に輝いた「サクリファイス」の外伝ということですが、本編を読んでいなくても十分面白かったですしね。
しかし、何といっても素晴らしいのは有川浩氏の「ストーリー・セラー 」ですよ。
もうね、ホントこれを読めただけで買った甲斐があった
あーなるほど恋人が不治の病に冒されてるんすか大変すねーみたいな感じで読んでたはずが、気が付いたら涙が止まらなくなっているんですもん。
押し寄せてくる言葉の洪水に、涙腺という堤防があっさりと決壊して、涙が洪水のように出てくる。
疲れて体がどっしり重く感じるほど本気で泣いたのは、いつ以来だろう?
ああ恋愛小説って良いもんだなぁって、素直に思いましたよ。
前回感想を書いたI LOVE YOUを読んだのも、伊坂氏の短編を読みたかったからっていうのはもちろんありましたが、実はその前にこのストーリー・セラー を読んだことがあったっていうのが一番大きかったですからね。
恋愛小説があまり好きでないという人にこそ読んでもらいたい、価値観を変えかねない傑作です。

そんなわけで、思わぬ掘り出し物もあって非常に楽しめたこの本、もとい雑誌。
雑誌という形態のため今現在は非常に入手しずらくなっているというのが残念でなりません。
ホント多くの人に読んでもらいたいんですけどねぇ。
まぁでもそのうち収録作は各作家さんの短編集に収められることになるかと思うんで、今回読めなきゃ一生読めないってことにはならないと思います。
でももし入手する機会があるならば、一人の担当者の熱意によって生まれたというこの雑誌を是非手にとって欲しいですね。
私の場合は有川浩氏でしたが、人によってそれぞれ別の作家さんと、素晴らしい出会い方をすることができると思いますから。
(*2009/4/25追記:文庫版が2009/1/28に発売され、手軽に入手可能となりました。*)

最後にこの雑誌を担当した編集者の方へ。
是非とも第二弾、第三弾とこの企画を続けていって下さい。
いやね、大変だとは思うんです。
あまり読書歴のない私でも全員名前を耳にしたことがあるような人気作家を集めるというのは。
だから、可能なら。あくまでも可能なら、また面白いお話を売ってください。
そして可能ならば、あくまでも可能ならばーこの感想のオチも売って下さい。


収録作品
伊坂幸太郎「首折り男の周辺」・近藤史恵「プロトンの中の孤独」・有川浩「ストーリー・セラー 」・米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」・佐藤友哉「333のテッペン 」・道尾秀介「光の箱」・本多孝好「ここじゃない場所」

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 05:53    アンソロジー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.10.13 Mon
I LOVE YOU
このブログは主にミステリ小説の感想を扱っていますが、それは単純に私がよく読む本のジャンルがミステリであるというだけで、ミステリ以外のジャンルは扱わないかというと全然そんなことはありません。
前回感想を書いた本もミステリじゃないですしね。
ミステリ以外もたまには読むし、感想も書くんだよというわけで、今回感想を書く本もミステリじゃありません。恋愛小説


I LOVE YOU (祥伝社文庫 ん 1-42)I LOVE YOU (祥伝社文庫 ん 1-42)
伊坂 幸太郎

祥伝社 2007-09-01
売り上げランキング : 1282
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伊坂幸太郎や石田衣良、本多孝好といった総勢六人の男性作家によるアンソロジーです。
伊坂氏が恋愛ものを書くというイメージは無かったんで一体どんなものかと興味を持って購入したんですが、恋愛小説っていうのはまず読まないジャンルですからね。
「I LOVE YOU」なんていうド直球のタイトルを冠した短編集を果たして楽しめるものなのかとちょっぴり不安だったんですがーいやはや、全く杞憂でしたよ。

やっぱり伊坂氏ですから、ど真ん中のストレートは投げてきません。
石田衣良氏の短編なんかはモロにど真ん中のストレートって感じですが、伊坂氏他多くの短編はど真中をはずして外角高めいっぱいやインサイドぎりぎりに放り込んできた感じです。
要は、恋愛小説って聞いて私がイメージしていた「読んでるこっちが恥ずかしくなるような甘ーい話」はむしろ少数派だった、と。
それでもどの短編もこれは恋愛小説以外の何物でもないよな~と感じるんで、ボール球ではないんですよね。
いや~ホント、恋愛小説って実はすごく懐が深いんだなぁと実感させられましたよ。
石田衣良氏のものすごく甘ーい話も実はすごく気に入ってたりするんで、ヤバイ、ちょっと恋愛小説にはまりそうですよ。

恋愛小説の奥の深さを感じさせる、粒ぞろいな短編たち。
伊坂・石田両氏の短編も面白いんですが、何よりも中田永一氏の「百瀬、こっちを向いて」と中村航氏の「突き抜けろ」が秀逸過ぎます。
どちらも初めて読む作家さんだったんですが、その存在を知ることが出来て良かったです。
他の作品も是非とも読んでみたいですもん。
いやーホント、一発で好きになってしまいましたよ。
「あなたたち」という意味でYouを使って、正にI LOVE YOUです(キリッ


収録作品
伊坂幸太郎「透明ポーラーベア」・石田衣良「魔法のボタン」・市川拓司「卒業写真」・
中田永一「百瀬、こっちを向いて」・中村航「突き抜けろ」・本多孝好「Sidewalk Talk」

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学
yanbal1915 at 03:34    アンソロジー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.10.12 Sun
秘密。―私と私のあいだの十二話
さてさて。
しばらく本の感想以外のエントリが続いていましたが、これからは通常通り本の感想を書いていきます。
安楽椅子探偵関連のエントリを書く前は倒叙形式のミステリの感想が続いていましたが、今回は全然タイプの違う本の感想を。
以前トラックバックを頂いた縁でちょくちょく覗きに行かせて頂いていた読書三昧さんのブログで紹介されていて、非常に興味を引かれて購入した本です。


秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)
ダヴィンチ編集部

メディアファクトリー 2005-03
売り上げランキング : 8417
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有栖川有栖や伊坂幸太郎、森絵都といった総勢十二人の作家によるアンソロジーです。
特徴的なのは、一つの出来事に対して別の視点からみた二つの物語が語られるという点。
こういう別の視点から見ることで同じ世界が全く違った見え方をするという趣向がイニシエーション・ラブなどを読んで非常に気に入っていたので、面白くないわけがないと存在を知った時点で即買いしたんですが…やはり期待に違わずすごく面白かったです。

読んでて妙に電話が出てくる話が多いなと思っていたら、どうやら収録されている短編のほとんどが日本テレコムShortTheater「心をつなぐ言葉たち」で掲載されたものらしいです。
ー日本テレコム…惜しい会社を無くしたものです。
(いやまぁ、名前が無くなっただけで会社としては無くなってないですけどね)
スポンサー絡みとはいえ、電話という媒体を用いたのは大正解だと思います。
声だけで繋がって互いの姿は見えないというのは、この趣向にうってつけですからね。
別の視点から見ることで感じる感覚も各短編で異なっていて、非常に面白いです。
優しい気持ちになれたり痛烈な皮肉を感じたり、大笑いしたり…
登場人物たちがお互いには決して知りえない秘密の味は、格別でした。

そんなわけで、内容が素晴らしい本作。
更に素晴らしいことに、本としても素晴らしいんですよ。
表紙のデザイン、帯のデザイン、本の質感、著者のサインと、各所に挿入される写真。
全てが私のストライクゾーンにドンピシャです。
いやホント、ここまで完璧に自分の好みに合った本が存在するなんて驚愕です。
ひょっとしてこれ、ホントは「私と私のあいだの十三話」なんじゃないですかね?
完璧に自分好みの本を手にした男。
しかし、別の視点から見てみると…


著者一覧
吉田修一・森絵都・佐藤正午・有栖川有栖・小川洋子・篠田節子・
唯川恵・堀江敏幸・北村薫・伊坂幸太郎・三浦しをん・阿部和重

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学
yanbal1915 at 01:21    アンソロジー    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。