齢20を過ぎて初めて日常的に本を読むようになった読書の初心者の、気ままな読書履歴です。ミステリ中心。
PR

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミステリー小説を読む
参加リング
紹介した本
1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 1/2の騎士
紹介ページ

ファミ通町内会―AS SEEN ON FAMITSU1986‐2000 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会
紹介ページ

ファミ通町内会 二丁目 (ファミ通ブックス) ファミ通町内会二丁目
紹介ページ

Story Seller Vol2 2009年 05月号 [雑誌] Story Seller Vol.2
紹介ページ

モダンタイムス モダンタイムス
紹介ページ

魔王 魔王
紹介ページ

退出ゲーム 退出ゲーム
紹介ページ

びっくり館の殺人 びっくり館の殺人
紹介ページ

告白 告白
紹介ページ

儚い羊たちの祝宴 儚い羊たちの祝宴
紹介ページ

そして誰かいなくなった そして誰かいなくなった
紹介ページ

紙の碑に泪を 紙の碑に泪を
紹介ページ

Story Seller Story Seller
紹介ページ

I LOVE YOU I LOVE YOU
紹介ページ

秘密。―私と私のあいだの十二話 秘密。―私と私のあいだの十二話
紹介ページ

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
紹介ページ

青の炎 青の炎
紹介ページ

少女には向かない職業 少女には向かない職業
紹介ページ

遠まわりする雛 遠まわりする雛
紹介ページ

クドリャフカの順番 クドリャフカの順番
紹介ページ

愚者のエンドロール 愚者のエンドロール
紹介ページ

氷菓 氷菓
紹介ページ

ボトルネック ボトルネック
紹介ページ

犬はどこだ 犬はどこだ
紹介ページ

女王国の城 女王国の城
紹介ページ

夏期限定トロピカルパフェ事件 夏期限定トロピカルパフェ事件
紹介ページ

春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件
紹介ページ

館島 館島
紹介ページ

交換殺人には向かない夜 交換殺人には向かない夜
紹介ページ

完全犯罪に猫は何匹必要か? 完全犯罪に猫は何匹必要か?
紹介ページ

密室に向かって撃て!
 密室に向かって撃て!
 紹介ページ

密室の鍵貸します
 密室の鍵貸します
 紹介ページ

イニシエーション・ラブ
 イニシエーション・ラブ
 紹介ページ

復讐者の棺
 復讐者の棺
 紹介ページ

ウルチモ・トルッコ
 ウルチモ・トルッコ
 紹介ページ

アクロイド殺し
 アクロイド殺し
 紹介ページ

クビキリサイクル
 クビキリサイクル
 紹介ページ

カラスの親指
 カラスの親指
 紹介ページ

クール・キャンデー
 クール・キャンデー
 紹介ページ

贋作遊戯
 贋作遊戯
 紹介ページ

さよなら妖精
 さよなら妖精
 紹介ページ

紳士遊戯
 紳士遊戯
 紹介ページ

少年たちのおだやかな日々 少年たちのおだやかな日々
紹介ページ

硝子のハンマー
 硝子のハンマー
 紹介ページ

クリムゾンの迷宮
 クリムゾンの迷宮
 紹介ページ

8の殺人
 8の殺人
 紹介ページ

紳士同盟
 紳士同盟
 紹介ページ

黒い仏
 黒い仏
 紹介ページ

星降り山荘の殺人
 星降り山荘の殺人
 紹介ページ

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
 しあわせの書
 紹介ページ

ロートレック荘事件
 ロートレック荘事件
 紹介ページ

七回死んだ男
 七回死んだ男
 紹介ページ

生ける屍の死
 生ける屍の死
 紹介ページ

クラリネット症候群
 クラリネット症候群
 紹介ページ

密室殺人ゲーム王手飛車取り 密室殺人ゲーム王手飛車取り
紹介ページ

インシテミル
 インシテミル
 紹介ページ

双頭の悪魔
 双頭の悪魔
 紹介ページ

孤島パズル
 孤島パズル
 紹介ページ

占星術殺人事件
 占星術殺人事件
 紹介ページ

長い家の殺人
 長い家の殺人
 紹介ページ

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー
紹介ページ

99%の誘拐
 99%の誘拐
 紹介ページ

夏と花火と私の死体
 夏と花火と私の死体
 紹介ページ

ZOO〈1〉
 ZOO〈1〉
 紹介ページ

ZOO〈2〉
 ZOO〈2〉
 紹介ページ

米澤穂信部
読書、レベル1。
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

yanbal1915

Author:yanbal1915

  • 関西在住の♂
    奇妙な冒険と奇妙な小説が好き。
  • コメント・トラバ大歓迎です。
    お気軽にどうぞ
  • メールはこちらへ
    →yanbal1915あっとgmail.com

最近の記事
カテゴリー(クリックで展開)
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
「貴志祐介 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yanbal1915 at --:--    スポンサー広告    Top↑

2008.10.04 Sat
青の炎
私は現在関西地方に住んでいるんで昨日安楽椅子探偵の放送があったわけなのですが、録画したものの全然見れていません。
明日はまとまった時間が取れるんで、探偵業に集中するためにこのエントリを含めて二つぐらい本の感想を書いておこうとこうしてキーボードに向かっています。
まぁ、リアルタイムで挑戦するのは今回が初めてなんで、到底真相には辿り着けないと思うんですけどね。

さてさて、そんなわけでさっさと本の感想を片付けてしまいましょう。
前回感想を書いた本が倒叙形式のミステリーだったので、その繋がりで七月の半ば頃に読み終えていながらまだ感想を書いていなかったこちらの本を。


青の炎 (角川文庫)青の炎 (角川文庫)
貴志 祐介

角川書店 2002-10
売り上げランキング : 10431
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリムゾンの迷宮が非常に面白かったんで、読み終えた後に貴志祐介氏の他の作品に手を出したのは当然の成り行きで。
そして読むことになったこの青の炎は、ホント読めたことを感謝するぐらい面白かったです。
これを読んだ当時は(というか今もですが)ほとんど倒叙形式のミステリーに馴染みがなくて、同じく貴志祐介氏の作品の硝子のハンマーぐらいしか読んだことがなかったんですよね。
その硝子のハンマーも後半だけ倒叙形式になっているという変則的な形だったんで、青の炎が実質倒叙ミステリーの初体験でした。
だから普通の人よりも受けた衝撃の度合いが大きく、より面白く感じたのかもしれませんが、少なくとも私は今のところこれ以上面白い倒叙ミステリーには出会ってないです。
ま、それほど倒叙形式のミステリーを読んでいないっていうのもあると思うんですけども。
ーとにかく、ホントに面白かった。

主人公の秀一は高校生。
母と妹との三人暮らしでつつましくも楽しく暮らしていたところ、母が昔再婚してすぐ別れた男がやってきて家に居つくようになってしまった。
警察も法律も、家族を守ってはくれない。
傍若無人に振舞う男から母を、妹を守るため、秀一は自らの手で男を葬りさることを決意するー

といった内容の話。
重要なのは、家族のために完全犯罪を企てるということです。
自分一人が傷つけられるんだったら耐えられるけども、家族に危害が及ぶのは耐えられない。
また、自分の犯行がばれたら家族は嘆き、世間からの冷たい目にさらされてしまう。
自分のためではなく、家族のために殺し、家族のために完全犯罪を目指す。
あくまでも家族のために行動するという少年の心優しさと、そんな優しい少年が殺人を犯さなければならないほど追い詰められてしまうその苦悩が、なんとも切なく心に突き刺さります。
主人公に否が応でも感情移入してしまうんでどうか幸せになってほしいと思うんですが、幸せにはなれないんだろうなということは簡単に想像がついてしまうわけで。
だから、読み進めるのは辛かったです。
でも、読むのが辛くてもー殺人を犯し、些細なミスから完全犯罪が崩れだして、どんどん追い詰められてどんどん荒んでいく主人公を見るのが辛くても、最後を見届けずにはいられなかった。
優しくて、やっぱり優しかった少年の生き様を、心に刻み付けるために。

そんなわけで、主人公のとった行動はー最後の選択も、何よりも人を殺すこともー決して正しかったとは思いませんが、理解はできて、その凄まじい生き方に圧倒されながら最後の最後まで純粋に面白く読むことができました。
もしもまだこれを未読の方がいるならば、是非とも読んでみることをお勧めしますよ。

ーしかしこの貴志祐介氏、私今回初めて氏の小説を読んだわけではないんですが、先の対談で道尾氏が述べてはいなかったように読点の使い方が独特では別にないですね。
「島の、中二の、夏。」みたいな感じで普通なら付けないようなところに読点が付いていて、そのおかげで読点の後ろに続く単語が強調されるような感じを受け、強く印象に残るーのはこっちの方でしたね。
でも、分かりやすくはないですが貴志祐介氏も文章に特徴がありますよね、多分。
ですんで、今回感想を書くにあたって貴志祐介氏の文章の特徴を真似してみました。
どうでしょう、似ているでしょうか?
え?普段の文章とあまり変わりないんじゃないかって?
まぁ、確かに全然似せる気ありませんけども…
……

あ、どうも。私がyanbal1915です。
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 23:59    貴志祐介    Comment(0)   TrackBack(3)   Top↑

2008.07.17 Thu
硝子のハンマー
ここ最近ずっと一日一冊は本を読み終えるというペースなのに、感想が全然追いついていません。
毎日、というか一日二回は感想書いていかないとどんどん溜まっていくばかりです。
ここはもう、いっそのこと一日に十冊ぐらいの感想を書いて一気に消化するしかないですね。
まぁ、やらないんですけども。

硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)
貴志 祐介

角川書店 2007-10
売り上げランキング : 6544
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回紹介する硝子のハンマーは、前回紹介したクリムゾンの迷宮の著者が書いたミステリーです。
日本推理作家協会賞受賞作の、本格ミステリー。
ホラー作家の書いたミステリーということで「実は祟りでしたー」なんてオチが来るかというとそんなことも無く、舞台も怪しげな洋館や不気味な言い伝えのある寒村なんかではなく都会の高層ビルで、ホラー要素は全くありません。
もっとこう、犯人の狂気とかが作品全体を覆っているのかなと思ってたんですけどね。
ちょっと拍子抜けするぐらい普通のミステリーでした。

だからって、面白くないかというとそんなこともなく。
連続殺人に発展することもなくただ一つ密室殺人が起こるだけなのに、「密室」というキーワードにはあまり心を踊らされない私に500ページを超える作品を一気に読ませてしまうんですから。
この吸引力はすごいです。
密室を作り出すトリックも見事。
探偵役もあまりお目にかからないような独特のキャラで、いい味出しています。

ただ、せっかくトリックは面白いのに、それが明かされたときにあまりカタルシスが得られないというのが残念でした。
この本は二部構成になっているんですが、主人公たちの行動を中心に三人称視点で描かれる第一部は探偵役がトリックと犯人に気づいた段階で終わり、続いて犯人視点の倒叙形式で第二部が語られます。
犯人視点なわけですから、当然トリックも探偵がずばりと言い当てる前から分かってしまう。
なかなか強烈な人生を送っている犯人なので、最初から最後まで倒叙形式で語られていたならそれはそれでかなり面白くて不満を感じることもなかっただろうなと思うんですが、いかんせん最初は探偵を中心に物語が動いていたんだから、やっぱり探偵の口から初めて真相が明らかになって欲しかったなと思ってしまうのです。
巻末に収録されている法月綸太郎氏によるインタビューで「捜査側の視点で文章だけで説明すると分かりにくくなってしまうから」とそのような形になった理由が著者の口から語られていて、それはそうだろうなと理解はできるんですが…うーむ。

まあ、そんなわけで真相の明かし方には頭では理解できても気持ち的に納得できないものがあるんですが、面白いことは確かです。
派手さはないものの、良質のミステリーなので、未読の方は是非御一読を。


ーと、自分なりに真面目に感想を書いてみました。
このブログで真面目な感想を書いてニーズがあるのかは分かんないですけどね。
てか、このブログ自体ニーズがー

そのうち管理人は、考えるのを やめた。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 20:40    貴志祐介    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.07.13 Sun
クリムゾンの迷宮
読み終えたのに感想を書いていない本がどんどん溜まってきている現状、これはまずいってことで、どんどん消化していくべく頑張っていきたい、今日この頃です。
もうね、気持ち的には一日二冊は感想書いていきたいですもん。
気持ちだけですけども。

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
貴志 祐介

角川書店 1999-04
売り上げランキング : 4108
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



当ブログでは主にミステリーを中心に本の感想(のふりをした何か)を書いていますが、今回感想を書く、クリムゾンの迷宮、これはミステリーではないですからね。
そこははっきりとさせておきたい。
角川ホラー文庫から刊行されていることから分かるように、ミステリーではなくホラーです。
何でこんなことを強調するのかっていうのは詳しく説明しちゃうとネタばれになっちゃうんで言えませんが、もし読み終わって結末に納得できないと思うことがあったなら、それはこれがホラーなんだってことを忘れているからなんじゃないかなと思うんですよね。
私はこれをホラーだと思って読んだので、結末に納得いかないと思うことは無かったし、このラスト以外なかっただろうなと思ったんですけども。

さて。
結末の話ばかりじゃなく中身に触れていきます。詳しくは読んでからのお楽しみということで、簡単に。
 主人公が目を覚ましたのは、一面鮮やかな深紅色に染まった異様な世界。
 傍らに置かれた携帯型ゲーム機が映し出す、「火星の迷宮へようこそ。」というメッセージ。
 そして始まる、凄惨なゼロサム・ゲーム…
オラ、ワクワクしてきたぞ!

わけも分からないまま強制的にゲームに参加させられることになった主人公が、生き残るために必死にあがいていく物語。
そんなサバイバルあり、ロマンスありの展開が嫌いな男の子なんていません、よね?
少なくとも私はわくわくしっぱなしでしたよ。
特に序盤の主人公たちが食料を確保すべく罠を仕掛けたりして奮闘する場面なんかは、昔読んだ十五少年漂流記を読んでるみたいで童心に返りましたし。
ただ、とはいえ少年少女達がこれを読むのはその後の展開からして絶対お勧めできないですけども。

そういった冒険心をくすぐる部分や細かな伏線が、ページをめくる手を止めないようにこれでもかと押し寄せてくるんですよね。
複線の引っ張り方も絶妙で、伏線を張った次のページで回収されてたなんてことはなく、かといって「ああそんな伏線もあったね」と懐かしく感じるほど放置するなんてこともなく、これしかないというタイミングで回収してくるもんだから、読むのを止めるタイミングを完全に見失ってしまう。
そうやって読者を作品から逃げられないようにするから「一番怖いのは人間」というホラー要素が際立つんですよね。
もうね、たまんない。面白すぎる

別にね、要素を一つ一つ取り出して見たらそんな凄いものでもないんですよ。
展開だって、予想を裏切るようなアクロバティックなものではないですし。
ベタな展開だからこそ、何も考えずどっぷりと作品にのめり込むことができる、そしてどっぷりと作品にのめり込むこと、それ自体が限りなく面白い。
くやしい…でも(面白いと)感じちゃう…!ビクビクッ
ーみたいな。
あ、ごめんなさい。これは違うクリムゾンでしたね。

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌
yanbal1915 at 23:16    貴志祐介    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。